lgf01a201406260000

荒れ野を耕し、種を蒔く人間と愛し合おう。

Posted on

 

 

 

土を耕し、種を蒔き、収穫までを丹念に世話をし、収穫を見守る人は信心深い者である。

忍耐強く、覚悟をもち、本当の優しさを知っている者である。

農家の話ではない。

人の心に絶えることのない火をつける者のことである。 
それを見守る者である。
決して無知を咎めず、見捨てない者のことである。
知恵を授けるのを厭わない者である。
嘘偽を教えない者である。
自分を愛し、他人を愛する者である。

愛し合うことは簡単だ。

祈ればいいのだ。

祈りは愛だ。
正しく祈れば、愛を知る。
しかし知っているだけならば、知らないも当然だ。

愛を伝えるのだ。

荒れ野を耕し、種を蒔くのだ。
命を絶やしてはならない。

愛を知った者は、愛を伝える者でなければならない。
背中で示さなくてはならない。

御言葉で、体で、心で、示さなければならない。

覚悟だ。

愛は覚悟だ。

愛を伝える者によって、愛を知った者は次元が上がる。

勇気だ。

愛は勇気を授ける。

正しく愛された者は勇気を授かり愛を伝える覚悟を知る。

愛には条件はない。

正しく愛し合うことがあなたの人生の使い方である。
愛を伝えることこそが、あなたの人生の使い方である。

愛を伝える者は餓えや渇望を忘れることができる。

愛を伝える者は悪魔に仕える奴隷ではなくなる。

愛は語るものではない。
示すものである。

示してみせるものなのである。

 


コメントを残す