IMG_0571

what a coincidence

Posted on

 

明け方、お祈りしたことがかなっていたことを就寝前に気づかされる。

その時、私は世界の美しさに触れる。

偶然などないのだ。
神様を信じている者にとって、起こる出来事は全ては必然的な結果である。

神様を信じていなくても、それは必然であることに変わりはないのだが。

最愛の妻や私に様々な技術や経験を授けてくれる師、また日々の煩いの元となる種を運んでくるカラスの類など、彼らとの出会いも全ては必然である。

その現実からは決して逃れられない。

全てを受け止めることで私たちは成長の機会を得る。
行った分に応じて、肉、霊、魂、各々の器に必要な分が不足なく、満たされていく。

神様がこのように与えてくださった練達や裁き、愛は本当に偉大だ。

人は感情によって一喜一憂してしまうが、愛は感情を遥かに凌駕している。

苦しみも憎しみも乗り越えて、そこに秩序がもたらされる。
毛羽立って、前のめりになっていた体を温めて、癒して、生きる勇気がもたらされる。

私たちは感情に流されずに、愛を伝えるための手段を絶えず模索し、祈り求めなくてはいけない。
自分の考えではなく、神様の考えに従って、愛とは何かを、生きることとは何かを、みつめていかなければならない。

どうか、全世界中の兄弟姉妹たちが神様の国に入るための正確な道を歩むことができるよう、お導きください。

皆さんに天から大いなる祝福と平安がもたらされますように心からお祈りいたします。


コメントを残す